人気ブログランキング |

みづきのぶろぐはからあげのふくろみたく zukkeenee.exblog.jp

http://www.zukkeenee.com

<   2019年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧



c0164758_15445499.jpeg

長い間、ブログを放置してしまいました。
上京してすぐは、「毎日更新する」と意気込んでいたのに。
自分は変わってしまったのでしょうか?
いい感じで脱皮中と思いたいと思います。

ゴブリン書房さんから出版されます、
長薗安浩さんの小説
「ネッシーはいることにする」の装画を描かせて頂きました。
とっても光栄です。ありがとうございます。

この本は2008年の初夏に発売された
「あたらしい図鑑」の続編になります。
はじめて読んだ時から、私はこの本が好きで、
もう何度も読み返しています。
昨年のミシマ社さんの「夏のオススメ本」の企画でも、
紹介させて頂いたくらいです。
だから、装画のご依頼を頂いた時は、
心底びっくりしました。
この本を持って上京した私ですので、
なんだか「あ、一周した!」と思いました。
そう、地球は今日も廻る。

c0164758_16013992.jpeg


「あたらしい図鑑」について、ちょっとだけお話しすると、、、
創作することの原点の、
言葉や絵になる前の世の中にはなんの役にも立たない、
自分だけの大事な根っこのところのことが、
描かれていると思います。
例えば、、、今日私は、
スーパーでお惣菜を選んでいるおじいさんを見ました。
そういう時に、いつも胸が苦しくなります。
全然、意味わからないでしょう?
(物語の内容とも全然関係ない、私の個人的な気持ちのやつです)
でも、これ、私にとって絶対大事なやつだって思うのです。

私は、イラストレーターという仕事を志しまして、
上京してすぐは、
私の個人的な気持ちを仕事にのせることは蛇足と思っていました。
だけど、一周した今想うのは、
何をするにも大事なのは根っこだなあと思うのです。
だから、この本が日を追うごとに大事になります。

続編、「ネッシーはいることにする」の方は、
主人公が成長した数年後のお話なのですが、
私のうしろめたい原風景と重なって、
少し苦しくなります。
私は大人になってしまって、
ごまかせたり、逃げたりできるようになってしまったので、
ちょっと忘れていました。
気持ちが整理できなかった小さい頃の方が、
いい奴だった気もします。

上手に説明できませんが、
どうか手にとってみてください!


c0164758_16273694.jpeg

この本が初心で宝物な理由。
もうひとつは見返しの寄せ書き。




by zukkeenee321 | 2019-07-21 16:41 | work・ニュース