みづきのぶろぐはからあげのふくろみたく zukkeenee.exblog.jp

http://www.zukkeenee.com

カテゴリ:展覧会情報( 114 )



c0164758_20001172.jpg

写真撮影はデザイン事務所「ミニマル」の正木さんです!すてき!


12月1日から彦根で
「おなみだぽいぽい原画展〜ねずみなげたみずのおと篇」がはじまりました。

前日に搬入がありました。
今回は3店舗同時開催ということ!
いつもなら、しっかり設計図を描いて、
何をどう飾るか決めてから搬入するのですが、
(意外でしょう?不安症なんです)
今回は、あまり考えずに、
使えそうなものを送って、その場で考えるという、
胃薬必須の大搬入大会でした。
でも、そんな不安は杞憂に終わりました。
だって、半月舎さんも、mittsさんも、& Anneさんも、
みなさん、びっくりするぐらい笑顔100満点だったからです。
優しい!すごい!優しい!
私はすっかり安心しきって、
お店の方やミシマ社さんに頼りながら、
ずんずんと搬入が終わりました!なんて搬入楽し!!
みなさん、ありがとうございます。



半月社さんには、絵本の表紙や、未使用原画、

c0164758_20480402.jpg
c0164758_20480569.jpg

こちらは私の撮影。半月舎さん。
トリはミシマ社さんがたくさん作ってくださいました!


mittsさんには、ミシマ社のしかけ屋 長谷川さんが作ってくださった、
ぱんのみみぽいぽいアトラクションコーナーや、
みんなのなきたいきもち、なみだをコラージュしてつくる
みずたまりの参加型コーナー。
それからミシマ社さんとのご縁のきっかけとなった
山本ふみ子さん著作の「家のしごと」の表紙原画があります。

  
c0164758_20183686.png
c0164758_20185235.png

この写真はmittsさんのインスタグラムから拝借、すみません。


& Anneさんには、
絵本の原画をずらり一周並べました。

c0164758_20480612.jpg
c0164758_20480752.jpg

こちらは私の撮影。& Anneさん
ぽいぽいハウスも健在


どのお店も近くにあるのですが、
並んでいる本の雰囲気がそれぞれ違って面白いです。
帰りはリュックが行きより重くなっていました。おかしなこと!

c0164758_20010465.jpg

正木さん撮影。各店舗でスタンプを集めて、おなみだ的スーベニールをゲット!
スーベニール(ステッカー)は3枚入り。バッジやマグネットにアレンジしてもよし。


それから、初日には細馬宏通さんとのおはなし会
「かえるの目、ねずみの口、ぱんのみみ」がありました。
私はかえるさんとお話しすると緊張してしまうので、
お話しの前はやっぱりすごく緊張したのですが、
& Anneさんがおやつに特製「ぱんのみみ」を出してくださって、
心が落ち着きました。

c0164758_20531712.png

ぐるぐるタイプとノーマルタイプ
anneさんインスタグラムから拝借


かえるさんが
「この絵はどうやって?」
「なんでこんなとこに紙が貼ってあるの?」と
誰も気に留めないようなことを
一枚一枚聞いてくださったので、
なんでだったかな、、、と思い出しながらお話ししました。
なんでという理由はあまりないのですが、
でも、その時、そうじゃないといけなかった。
やっぱり理由はあるのです。

原画をアトリエの壁に時計のようにぐるりと並べて、
私は時計の針みたいにぐるぐるしながら、
少しずつ描いて、直して、消して、重ねていったこと
どの絵がおかしいか、
全部の場面を納得するまで絶対描き終えない、
それは人のためにじゃなくて、自分のために、
といった日々を思い出しました。
もう随分昔の話です。

c0164758_19595031.jpg

おはなしの途中で、ある絵の天地が逆さまだと気付いた場面。
自分で飾っていて全く気づかない愚かさ。でも私の絵のあるあるです。


かえるさんがおはなしの中で
「後藤さんの絵は、描くというより、クラフトだね」と仰いました。
絵を描く時は「もの」をつくる気持ちで描きたいと、
日頃思っていましたが、
そうか、クラフトか!すごく納得しました。
だって、私、なんでも自分で作るのが好きです。
(この日のTシャツも、ズボンも自分で作ったお気に入り)
ズボンつくるみたいにワクワク絵も描きたいなあ。

c0164758_20003135.jpg

ねずみへおてがみ ありがとう


自分でもスタンプラリーをしながら、
彦根の街を堪能しました。
人も、街も、鉄板焼きも、彦にゃんも、
全部好きでした。
また、いつか会いに行けるように頑張ります。

かえるさん、このような機会を与えてくださり、本当に心から感謝しています。


展示は11日まで、ぜひみなさんお越しくださいね。


©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2018-12-07 21:03 | 展覧会情報 | Comments(0)

c0164758_16085557.jpg

久しぶりの原画展がいよいよ迫ってまいりました。

展覧会自体が久々なので、

どうやっていたか思い出しながら準備を進めています。

昨年より心に余裕があるので、

今回はグッズをせっせと作っています。

やっぱりものをつくるのは楽しいです。

とても無駄な時間なのですが、

絵がものになることに、しびれます。

その時限りのおたのしみ。

完全に自己満足です。


今回は、細馬宏通さん、かえるさんにご縁をいただいて、

彦根で展示をすることになりました。

細馬さん、かえるさん、心よりありがとうございます。

だから、

「ねずみ とびこむ みずのおと」です。

彦根に飛び込むわたし、

おぼれてしまいますか?


そして、なんと細馬さんとお話会をさせていただくことになりました。


細馬さんといえば、ものすごいよく見える目をお持ちなのです!


少し前に、細馬さんの「二つの この世界の片隅に」
を読みました。

ちょっと読んでから「あ!漫画をこれは読んでから読まなきゃ!」と思って

漫画を読んで、

「あ!映画も見なきゃ!」といって

映画も見ました。

それから何度も、漫画と細馬さんの本を行ったり来たりしました。

自分ではりんごの皮ぐらいしか読み解けていなかったものが、

りんご!芯まで食べた!もっと食べたい!と思い、

こうの史代さんの他の漫画も読んでしまいました。


そんな細馬さんが「おなみだぽいぽい」を目に留めてくださって、

本当に嬉しいです。


昨年、今後人前で話すことは一生ないであろうと思ったのですが、

せっかくご縁をいただきましたので、

頑張ろうと思います。

メリーの麻ちゃんに

「○×の札を持っていって、それで答えようかな」といったら、

「○や×では答えられないことがあるから、絵本つくったんやろ?

と言われました。

その通り。


自意識過剰、言葉足らず、世間知らず、内向的、、、

不安要素だらけですが、

嘘だけはつかないように

神様に誓います。

変にかっこつけてしまったら、針千本のみます。

どうぞ見張りに来てください。


c0164758_16090474.jpg


///////////////////////////////////



絵本「おなみだぽいぽい」(ミシマ社刊)の原画を展示します。

原画には、これまでの日々が、層になって重なっています。

今回は、彦根の城下町にある3つの本屋さんで開催。

それぞれの本屋さんをイメージして描き下ろしたイラストの原画も展示します。

ぜひご覧ください。

- – -

●会期:2018.12.1(土)-12.11(火)

※会期中 水・木休み

●会場・営業時間

・& Anne(彦根市中央町4-35)10:30-18:00

・半月舎(彦根市中央町2-29)11:00-18:00

・MITTS FINE BOOK STORE(彦根市本町2-2-44)11:00-17:00

3つの本屋さんをめぐってね。

展示期間中、スタンプラリー開催!3つ揃ったら、おなみだ的スーベニールをプレゼント!

●トークイベント

ぽいぽいおはなし会「かえるのめ、ねずみのくち、ぱんのみみ、」

め、くち、みみがはたらく話。おやつあります。はなをきかせてきてね。

細馬宏通(滋賀県立大学教授)×ごとうみづき

日時:2018.12.1(土) 15:00-16:30(14:30から受付)

会場:&Anne

参加費:1,500円(おやつ付)

定員:20名


///////////////////////////////////

©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2018-11-25 16:28 | 展覧会情報 | Comments(0)

c0164758_09215134.jpeg

植田真さんの素敵なDM



私の大切な円形劇場のあのお店、
シーモアグラスさんで、
今年も忌野清志郎さんを想います。

4月2日から、5月2日まで。
火曜日がお休みです。
時間など、お店のツイッターで確認すると、
間違いないです。


今年も参加させて頂き、本当に嬉しいです。

店内にはそれぞれの方が清志郎さんを想ってできたもので
埋め尽くされています。
みんな、清志郎さんを想っています。
それに、シーモアグラスさんのことも想っています。
ただ好きなだけです。

色々な気持ちに胸の中身が
ぐるぐる支配されてしまう日もありますが、
そこに行けば混じりけなしに、
誰かを想って、コーヒを飲むだけです。

清志郎ファンの方も、これから知る方も、
お気軽にお越しください!

©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2018-04-02 09:43 | 展覧会情報 | Comments(0)

READAN DEATさん


c0164758_08462500.jpg

入り口ごしの未使用原画


2月3日、節分の赤鬼の日から、
広島の「READAN DEAT」さんで
「おなみだぽいぽい原画展 〜わたしの赤 篇〜」が始まりました。

はじめての場所で、とても不安でしたが、
もう本当にああ、素敵な場所で、
来ることができてよかったなあ!と思いました。

場所の力というか、
私が何かこざかしいことをしなくても、
受け止めてくれる器のある、場所でした。
(本物の器も売っています)

ミシマ社さんから、編集の星野さんもお越し下さり、
店主さんも手伝って下さって、
素敵な展示になりました。

設営の様子、ミシマガジンへ!


c0164758_08462769.jpg

こじんまりしたスペースなのですが、
ガラスごしに景色が抜けて見えて心地よいのです。


場所の魅力をもう少し補足。

初日、レトロな路面電車に乗って、
お店の前の駅に着きました。
電車の車窓から、ミシマ社さんが作ってくださった、
ハトグライダーが飛ぶ姿が見えて、
とてもかわいらしかったです。

お店の常連さんは、大抵一人でいらっしゃるのですが、
どうやら顔見知り同士の方が多く、
待ち合わせでもないのに、
挨拶が交わされていました。
ここに来ると誰かに会えるんですね。
喫茶店みたいだな。

それで、素敵な本や器がたくさんあるのですが、
本棚がとても素敵でした。

たくさんの本があるわけではないけど、
ジャンルごとに10冊づつ?くらいの本が、やんわり並んでおり、
普段、見えない本がちゃんと目に入ってきます。
だから、東京でも買えるのかもしれないけど、
きっと東京では手に取らない本をたくさん買いました。ふふふ。

やっぱり喫茶店みたい。
メニューはたくさんないけど、
飲み物と、軽食と、ケーキと、お店のおすすめの中から好きなものを選びます。
(あくまでイメージですが)
きっと全部おいしい。だからまた行きたいなあ。

店主さんも、数字に弱いわたしの、
デタラメな納品数を叱ったりせず、
やさしく諭してくださって、素敵でした。
心より御礼申し上げます。

c0164758_08462541.jpg

展覧会では、スーベニールさんと作った革小物
「きっときょうは today's tararan」シリーズも先行販売しています。
一般発売については近日お知らせします。


お客さんと、
ミシマ社さんがつくってくださった、
ぽいぽいコーナーを楽しんだり、
絵本についての暑苦しい話をしたり、
とても楽しかったです。

こうやって、絵本をゆっくりゆっくり伝えていければ、、、と
切に願っています。
わたしの大切な本です。

展示は今月18日までです。
広島はとてもよいところでした。ぜひお越しください!

c0164758_08462428.jpg


宮島の、あるイラストレーターさんのお土産物やさんで発見したねずみ。
ぱんのみみじゃなくて、お餅に浮気。
やっぱりわたしの赤。




©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2018-02-09 09:25 | 展覧会情報 | Comments(0)

c0164758_22425162.jpeg

広島のリーダンディートさんでの絵本原画展が
いよいよ今週土曜日から始まります。
広島の皆さん、どうぞよろしくお願いします。

絵本の原画の一部が、経年劣化で少し剥がれてきました。
描き上げてから持ち込みをするまで、
自分の手元に置いていた時間も長かったので、
その時点で、すでに画面に亀裂がありました。
(印刷では、重要な部分のみ、
デザイナーさんが少し手直しをしてくださっています。)

そして、何度も輸送していたので、
ニスを塗っていないページが
ポロポロと剥がれてきています。
大変なこと!なのかもしれませんが、
個人的には経年劣化がとても愛おしいです。
絵が物に帰っていくように感じます。
それに、自分でいくら頑張っても描けない状況が、
絵の中に自然に起こるのが美しいなと思います。
時間との合作。
とはいえ、みなさんに見ていただくには、
経年フェチは邪魔なので、少し補修しました。

c0164758_22430344.jpeg



上の写真は夏頃に撮った、
千駄ヶ谷駅のホームの壁です。
千駄ヶ谷駅は昔の跡と新しい跡が重なって、
とってもしびれます。
これもトマソンというのだろうか?
額に入った絵より美しいな。
駅がきれいになると、嬉しいけど。

「おなみだぽいぽい原画展」2月3日(土)〜18日(日)
広島、リーダンディートさんにて。
初日、ウロウロしているかもしれません。
どうぞよろしくお願いします。

readan-deat.com

©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2018-01-31 23:04 | 展覧会情報 | Comments(2)

c0164758_19292640.jpeg


神さまが走りはじめましたね。
今年ほど早かった一年はありません。

おなみだぽいぽい原画展は、大阪、愛知を経て、
東京に戻ってまいりました。
全国を巡って、なんだかたくましくなって帰ってきた気がします。
わたしよりよく働いたと思います。

色々ありました。

さて、明日から、表参道OPAギャラリーさんで、
原画展がはじまります。
原画の全点展示は予定ではこれで最後です。

原画は同じで、絵本も同じですが、
飾る場所で、密かにそれぞれ別のテーマを掲げています。

今回は、雲の上の展覧会のイメージで、
そらとぶとり篇、としました。

OPAギャラリーさんって、
真っ白で、雲の上みたいみたいです。

神さまも師走のそらのうえをとびまわっています。
ぜひ、そらとぶとりのきもちでみていただけると嬉しいです。

夜、ガラスに映るとりが美しいです。

©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2017-12-07 19:46 | 展覧会情報 | Comments(0)

c0164758_13292809.jpg

みなさんからのたくさんのポイポイありがとうございます!!
大事にします。


10月13日まで、約1ヶ月間、
原宿のシーモアグラスさんで行われた『おなみだ的◯◯点』、
期間中、たくさんの方にお越しいただきました。
本当にありがとうございました!

いろいろなことがありました。

今回は、拙著「おなみだぽいぽい」のパラレルワールドのような展示でした。
二次創作というらしいです。
普通、二次創作は他人がやるそうです。
おはずかしいかぎり。

c0164758_13574377.jpg

ゲストの方から届いた穴たち。エキサイティングでした。
創作のモチベーションになった!


鈴木潤ちゃんとの、対談もありました。
私の稚拙なお話、聞いてくださった方、有難うございました!
私はもう二度と人前に出ることはないと思いますが、
潤ちゃんの、人前に立ってしゃべることの、
肝の座り方をあらためて、すごいと思いました。
そうじゃないと、京都で10年もお店を守っていけないと思います。
潤ちゃん、本当にすごいよ。ありがとうございます。


c0164758_13595541.jpg

萌ちゃんが上野公園で偶然発見した、リアルぱんのみみの写真。
だれもキャッチせず、、、。


小野明さんのトークもありました。
小野さんは絵本をつくる熱量と、同じくらいの熱量でお話をされます。
だから、創作の追体験をしたような気がします。
お言葉、すごくうれしかったし、はげまされました。
でも、私の原動力は「劣等感」なので、いいことは忘れます。
でも、きっと一生忘れません。

c0164758_14012122.jpg

ぱんのみみ画。
絵本の裏表紙の色違いです(ボツ案)。



白状すると、
とても不安でした。

展覧会が続いていて、
ありがたいことに仕事もたくさん重なっていて
(春はあんなにひまだったのに!!)
ひとつひとつ、入魂したいのに、
ひとつひとつ、準備がまともにできず、
カラカラと気持ちが回る音だけがしました。
不安はブツブツになり、私のおでこを襲いました。
閲覧注意のおでこ。

c0164758_14032440.jpg

会期中に絵本の原画を追加し、
展示していた一部の絵を愛知のKINOさんへ送りました。




それでも!
たくさんの方が、ちゃんと見て、感じてくださり、
きっと、目に見えない気持ちの方を、
理解してくださったような気がします。
それが、大事だと思うし、
それができてよかったと思います。

私はきっと、
この展示で大事にしたことを、
製作の根っこにしていくと思います。


『おなみだ的◯◯点』の『◯◯』は

お金にならない、役に立たない「0点」ということ、

でも、線を一本引くだけで「100点」になる、


ということです。

c0164758_14045324.jpg

絵もたくさんお買い上げいただきました。ありがとうございます。
拙い絵ですが、思いはたくさん込めてあります。


最後に、この場所を提供してくださった、
シーモアグラスのおりえさん、
透明だった私を、ちゃんと見て、
見つけてくださり、ありがとうございます。
私はとても幸せでした!
また恩返しできますように頑張っていきます。


©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2017-10-15 14:13 | 展覧会情報 | Comments(0)

c0164758_13031431.png

画像、ウレシカさんのツイッタからお借りしました。

9日まで、西荻窪のウレシカさんで行われていた、
「ペットショップにいくまえに展2017」にお越しいただき、ありがとうございました。

たくさんの方の愛のある作品の中、
ひとり暴走気味で、ちょっと恥ずかしかったですが、
「カケルコ」は走ルコなので、
とてもめんこいし、よかったよかったと思います。
参加させていただき、ありがとうございました。

実は、参加するまで、この展示の趣旨をよくわかっていなくて、
←読んでみてください!)
よくよく調べてみたら、これは大変なことだと知りました。

人間の欲求のために、
無理やり繁殖させられて、
小さいうちから家族と離され、
ペットショップのちいさい箱にいれられてしまう、
ちいさいこたちがいるのです。
とても悲しくなりました。

それと同時に、私は蚊も殺すし、
肉も食べます。
どこまでが人間の勝手なのか?
どう考えたらいいのか?
正直なところ、まだわかりません。

それでも、
今なんとなく、思っていることは、、、

生きとし生けるもの、
食物連鎖や、弱肉強食の中で、暮らしています。
でも、その自然のサイクルとは違う、
不自然なサイクルで、
生命を操作してはいけないような気がします。

ぴったりの言葉が見つからないので、
他の事案に当てはめてしまうと
誤解が生まれそうですが、
宇宙は人間だけのものじゃないんだと、
今もぐるぐる考えています。


©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2017-10-15 13:23 | 展覧会情報 | Comments(0)

c0164758_09085145.jpeg

本日より、西荻窪のウレシカさんで
「ペットショップにいくまえに」というグループ展が始まります。
わたしも参加させていただくことになりました。
この展覧会は、絵本作家のどいかやさんが、
強い思いを持って始められた企画です。
詳細はぜひ、「ペットショップにいくまえに」のHPをみてください。
ぜひ、ぜひ!


わたしは猫飼ってないし、
昨今の猫ブームから、
猫をあまり描かないように気をつけていたのですが、
猫描いてくださいと言っていただけたので、
理由ができたやったねと思って、
存分、描こうと思いました。

1匹の猫がモデルです。
カケルコというタイトルです。

最近、仲良し(とわたしは思っている)の猫がいるのです。
本当はもう一匹描きたかったけど、思うように描けなかった。
静と動の二匹。
猫も、人間も、動いているのを描くのはいいのだけど、
動きの少ないのを描くのは難しいと思いました。

動も決してうまくはないです。
売れないへんてこな絵を量産してしまって、
地球ごめんなさいと思います。
でも、わたし、自分の絵、うまくいかないとこがすき。

c0164758_09180356.jpeg



「ペットショップにいくまえに」展 2017
会期:9月21日(木)ー10月9日(月祝)
会期中、火曜・水曜休み open:12時ー20時
会場:URESICA(東京・西荻窪)

【出展作家】
いぬんこ かわかみたかこ 後藤美月 小林敏也 霜田あゆ美
陣崎草子 しんよんひ 出口かずみ どいかや とりごえまり
秦直也 深瀬優子 PEIACO 牧野千穂 水沢そら

犬や猫を新しく家族に迎えたいと思ったとき、お金で買うというのではなく、
飼い主のいない動物をもらい受ける、ということが当たり前の世の中になってほしい

絵本作家どいかやさん制作のフリーペーパー「ペットショップにいくまえに」主旨のもと、
犬や猫をはじめとする動物に関する人間社会の問題を
より多くの人に知ってもらうための展覧会です。
毎年新たな作家にご賛同ご参加いただき、ウレシカでは7回目の開催となります。
身近な生きものたち、動物と人との暮らし、などをテーマにした
作品の展示、販売をいたします。

DM絵:PEIACO



[PR]
by zukkeenee321 | 2017-09-21 09:28 | 展覧会情報 | Comments(0)

c0164758_17350397.jpg

9月11日より原宿のシーモアグラスさんで
『おなみだ的◯◯点』がはじまりました。

今回は絵本の原画展でなく、
絵本とは関係ないのですが、すこーしだけ繋がっている、
パラレルワールド的な展示です。

当初は絵本原画展の予定でしたが、
シーモアグラスさんの持つ、雰囲気を大切に、
原画展ではない方法で、且つ、
絵本も楽しんでもらえるような展覧会にすることにしました。


一番大切にしたかったのは、
きっと、この先の私のテーマになってくるであろう、
お金にならない、役に立たないことです。


『おなみだ的◯◯点』の『◯◯』は

そこにはなんでも当てはまること、

どこにでもつながる穴のようなものということ、

お金にならない、役に立たない「0点」ということ、

でも、線を一本引くだけで「100点」になるということです。


c0164758_17491292.jpg

ゲストの方々には、絵本に出てくるモチーフである
「穴」をあけたハガキと返信用の切手62円を同封して
それぞれにお送りしました。
そこに「ひとり」もしくは「なみだ」をテーマに
絵や文章、その他思い思いの方法で、表現して欲しいと無茶振りをしました。

それから、そのはがきを直接ポストに投函してもらうことにしました。
切手を貼ったり、途中で郵便屋さんの手で触ってもらったり、
ポストで作品が人を待ったり、
アナログな肯定を大事にしました。
(なんて役に立たないこと!!しびれますね)

全国のポストの「穴」をくぐって、
いろんな人の手垢をつけて、
我が家にやってきた「穴」は。
穴収集家として、展示しています。

さて、皆さんの穴は、無事62円で届いたのでしょうか?
それは確認しにお越しください。

あまりきちんとお話したことがない人でも、
穴を通すと、人となりがよおく見えますね。



《豪華ゲスト》

・浅野萌ちゃん(制作中に京都から東京で自転車できました。そこでいろいろ考えてできた穴)

・安食史子さん(やさしさでつくろってくれる穴)

・石井聖岳さん(こわいような、でもすいこまれるような、ヒリヒリする穴)

・おくはらゆめちゃん(かなしいけど、きっとぜったいまいにちたのしい穴)

・おざわよしひささん(わるい穴かいい穴か、正解が切り取られた穴)

・下山ワタルさん(郵便屋さんが困惑した穴、それでも愛がつまった穴)

・つつみあれいちゃん(わたしの穴を埋めてくれる、アップリケのような大好きなカルテン)

・扉野良人さん(みづきちゃん、つきやぶれ!と目を覚まさせてくれた、ネズミ用の穴)

・長谷川実央さん(ひとりがたのしくなるまぼろしの穴)

・南谷佳世さん(ネズミがジャンプした、さみしくうれしい穴)

・モノポリーズ があこちゃん(不器用なあのこがひとつひとつあつめてくれた、わたしだけの穴)

があこちゃんのCDも発売中!!名盤ここで買えますよ!!




c0164758_17565019.jpg


それ以外に、書き下ろしの謎多き作品群については、
主人公が考察ノートに記していますから、
ぜひ、ノートと併せて展示をお楽しみください。

c0164758_17595945.jpg

さて、実は昨日は、メリーゴランド京都の鈴木潤ちゃんをお招きし、
恐れ多くも対談をさせていただきました。

(お互い認識のズレが生じていましたが、
私が人前で自分からしゃべりたいということは、
これまでも今後も一切ありません)

満員御礼、きていただいた方、本当にありがとうございました。
楽しかったのかな???不安です。

最近は、「絵本」と「読み聞かせ」がセットになっていると感じることが多いです。
私の時代には「読み聞かせ」という言葉はなかったし、
個人的には、本は、自分ひとりで読むものだと思っています。
(たとえそれが、だれかの声で読み上げられたとしても)

だから、ひざの上で、ひとり読む本について、
じゅんちゃんと2冊づつ本を紹介しました。
じゅんちゃんの紹介した本、面白かったなー。
どんな本だったか知りたいですか?
それでは、メリーゴーランド京都へお問い合わせください。


9月16日には、「小野明のひとり絵本夜話」があります!
小野さんの絵本の考察は、豊富な経験と読書量、知識から的確に計算されたお話。
「付け焼き刃ははげやすいと申しますが、、、」という
談志の落語が始まってしまうような、
私の暗黒面トークとは、真反対。
絵本のプロフェッショナルなので、ぜひ、お楽しみください。

もしかしたら、私の絵本のお話してくださるのかもかもかもしれません、、、。
どうしようか。

それにしても、お金にならない、
いいサントラが流れていました。あはは。

とりあえず、今日はひさびさにゆっくり眠りたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。



©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2017-09-14 18:15 | 展覧会情報 | Comments(0)