みづきのぶろぐはからあげのふくろみたく zukkeenee.exblog.jp

http://www.zukkeenee.com

※添付されている画像の無断 転用・使用を禁止いたします。 ©MIZUKI GOTO Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.


by 後藤美月
プロフィールを見る

<   2016年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


郵便配達娘


c0164758_22493157.jpg


郵便配達のあの子は
配達の途中で石につまづいた。
とても奇妙な形の石。
その石を大事に持って帰って、
その石で大きなお城を作りました。
小さなつまづきは、大きなきっかけなのですねえ!!

©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2016-05-30 22:55 | イラストレーション | Comments(2)

絵とお皿


c0164758_0321736.jpg


お皿を買うときは、
私は私一人だけで、
お皿の向こうのことは考えません。
私、好きだから、これ買います。

絵をみるときは、
私がもう一人出てきて、
もう一人の私は私の中で、とても知ったかぶりをして、
絵に講釈を垂れます。

絵も器も同じように一人でみれたらいいのになと思います。
たまに一人でみれる絵に出会うことがあります。
やばい絵です。
私自身はそういう絵を描きたいなあと思います。
まだできませんが。

ユーチューブで私の絵を真似して絵を描いている外国の動画を見つけました。
全然違くてすごく面白いです。楽しそうでいいなあ。


©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2016-05-28 00:49 | 日々のこと | Comments(2)

夢のような神様の器


c0164758_0315082.jpg


2年に1回くらい、陶器市に行きます。
陶器市には美しい皿、使いやすい洒落た器がたくさんあるけど、
いつも必ず行くのは神様のお店です。

神様は白髪まじりのおばあさん(神様)とおじさんの店で、
初対面でも、第一声で、
「ボンジュール」と声をかけられます。
男性は「ムッシュ」と呼ばれます。
おそらく純日本人です。

神様の器は全部いびつで、全部違います。
同じようにつくろうと思ったんだろうなとは思います。

スプーンの形をしているけど、スプーンとして使えないものや、
溶けてへちがんだ猫のようなやたらでかい何か、
他のお店で綺麗な器ばかり見たから、とても楽しくなります。

おばあさん(神様)は
猫のようなものの、ボッチがついた、でかい蓋の乗った何か
を指して、何も聞いていないのに、
「これは猫が体当たりしちゃって、
へこんじゃった」と一方的に説明されました。
何に使うかは説明されなかった。
結構な値段がついていました。

私が着ていた、自作のシルク猫Tシャツを
いたく気に入ってくれて、
「何が描いてあるかわからないけど、
そこがいい買うから送って」と何度も言われました。
「こちらこそ、この置物がなんなのか
さっぱり分からなくて面白いですね」と言い返しました。
それから、Tシャツはもう気持ちが切り替わっているから、
制作できないと説明したら、
そういうものよねえと納得してくれました。

我が家には神様の器がたくさんあります。
今回買ったのはマグカップ2つと四角の皿とスプーンのような何か。

マグカップは
「飲みにくいように飲み口のところギザギザにした」とのこと。
「1200円」「900円」「850円」と値札が3枚もついていて、
「どれが本当ですか?」と聞いたら
笑いながら、一番高い値段を残そうとしたので。
「間をとって900円にしましょう」と提案たら、
「そうね」と言いました。

器を包んでくれた新聞に、
私の好きなアーテイストの海外公演'14の記事が載っていて、
やっぱりこの人は神様だと思いました。

写真は飲まれることを拒むカップ。900円。
重くてちょっとがたつく。
超お買い得でしょう?

忘れないだろうけど、忘れないようにブログにしました。
変なブログですみません。

©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2016-05-26 01:20 | 日々のこと | Comments(2)

絵じゃないものの絵


c0164758_9434375.jpg

アトリエの壁に15枚、ぐるりと絵を置いて、
少しずつ描いています。
真ん中に私。時計の針のようです。

絵は1枚を50%まで描いて、
次の1枚をまた30%まで描いて、
違う1枚をまた10%まで描いて、
何度かそれを繰り返して、
それで、振り向いて最初の1枚を見たら、
20%に下がっています。
おかしいな。

というようなことを、もうかれこれ4年位やっています。
薄々気づいてはいたけど、
馬鹿なのかもしれません。

昨日、途方に暮れてしまって、
時計の外をみたら、
シルクを刷った時に下敷きにしていた布が、
キャンバスにぶら下がっていました。

この布は、絵じゃないのに、
なんと美しいこと。
布の前に置いた絵の
なんとあざといこと。

自分がはっとするような絵を
死ぬまでに15枚描けるといいなあ。


©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2016-05-25 09:59 | 日々のこと | Comments(2)

c0164758_2316185.jpg


愛知県碧南市のピザとコーヒーのお店
 『Tre Rose』さんが本日OPENしました。
開店おめでとうございます。
私はお店の大事なロゴなどを作成させていただきました。
ありがとうございます。
とっても品のいい、ゴシックシックなお店です。

オーナーの本田さん夫妻は、
以前、ベーグルのKINOさんで展示をした時に、
見に来てくださって、絵を気に入って買っていただいた時からのご縁です。
先日の東京の個展も見に来てくださって、
アタマデカチねこの#1〜9まで買ってくださいました!
それもお店に飾ってくださったそうで、とても嬉しいです。
「お店の壁紙が赤で金の花柄なんですよー」と聞いて、
内心、「あれ、大丈夫かな? お店の邪魔になったらどうしよう」
と心配していたんですが、
写真を見て、びっくり!とてもかっこよいのです。
孫にも衣装といいますか、絵が蝶ネクタイをした感じです。
OH! ナイスディレクション!

私は絵を描く時の隠しテーマは「狂気」なんですが、
本田さんは私の絵に対して、
「可愛さの中に病的な感じがあり、ロック」とおっしゃってくださいました。
病的=シック、うーんいい褒め言葉。

早く食べにいきたいな。今月中に行けるといいな。

c0164758_23162191.jpg

c0164758_23162268.jpg


///////////////////////////////////////////

Pizzeria & 自家焙煎Coffee 『Tre Rose』

Lunch 11:30-14:00
Dinner 18:00-21:00
定休日 木曜日・第2水曜日
愛知県碧南市作塚町3丁目59-1
0566-41-8822



©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2016-05-09 23:36 | work・ニュース | Comments(5)

c0164758_045677.jpg

脚本家の木皿泉さんのエッセイやインタビューや対談をまとめた
『木皿食堂』が文庫になり、そちらの装画を描かせていただきました。

木皿さんは、沢山の人気ドラマのシナリオを生み出されています。
我が家はテレビがないので、ドラマは見られないのですが、
この本を読んで、「すいか」というドラマを見てみたいなあと思いました。

絵を描くにあたり、「木皿さんぽいアイテム」というのにすごく悩みました。
木皿さんぽさ、、、木皿さんぽさ、、、うーーん、、、
ぱっと明るいモチーフですが、個人的にはレトロシックを心がけました。
木皿さんファンの方に納得していただける装画になっていれば嬉しいです。


©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2016-05-07 00:55 | work・ニュース | Comments(2)

c0164758_111086.jpg

『夏目家順路』、『乙女の家』でもお世話になりました、
朝倉かすみさんの新連載、『ぼくは朝日』で、
挿絵を描かせていただくことになりました。
潮出版社『pumpkin』の2016年5月号よりです。
(お知らせが遅くなって申し訳ありません)

小学4年生のちょっと変わった朝日くんの日常が書かれています。
朝倉さんの中にはいつも、いろんな人格がいます。
読んでいると自分が小4男子になってくるような錯覚さえあります。
これからどうなっていくのか私もすごく楽しみです。

©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.

[PR]
by zukkeenee321 | 2016-05-07 00:07 | work・ニュース | Comments(2)