みづきのぶろぐはからあげのふくろみたく zukkeenee.exblog.jp

http://www.zukkeenee.com

※添付されている画像の無断 転用・使用を禁止いたします。 ©MIZUKI GOTO Copyright MIZUKI GOTO All rights reserved.


by 後藤美月
プロフィールを見る

学校


c0164758_2154755.jpg


放課後、ろうかを絶叫しながら走った時、
雪の日に3階と1階で雪合戦をした時、
教室に忍び込んで、ずっと隠れていた時、
先生はげんこつで怒ったけど、
学校は楽しいねえって笑ってくれた。
だから、今日は何して遊ぼうかなあって思うよ。

©Mizuki Goto
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
I forbid unapproved diversion and use of the picture attached.

[PR]
Commented by Hanada at 2012-09-12 23:49 x
今日は何して遊ぼうかなが続くといいなぁ。仕事しないとあかんしあの頃は学校の屋上の一番高いとこ(入っていけないとこ)で寝転んで授業開始時間も忘れて空を見てました。
Commented by zukkeenee321 at 2012-09-14 01:22
素敵小学生ですね。
遊ぶように仕事ができればいいのですが…むーん。
Commented by かか at 2012-09-15 17:38 x
小学生の頃、めっちゃ!学校が大好きで
先生とも仲良しだったので休日はよく、先生宅へ遊びに行ってました。

小学生の頃からの幼なじみに
「あんた、みんなを集めてコックリさんやっとったよね!」
といまだに言われております。。。。


高校1年生の夏、学校に行く意味がわからず
家を出て働きたくて、星野監督なみに怖い父に
土下座して 「学校を辞めさせて下さい!」と談判。

すると、父は土下座返し

「頼むから高校は行ってくれ!勉強はやらんでもいい。
 友達を作りに行くだけでいいから!」

父の言葉通り、高校を辞めなくて良かったです。
その頃の友は一生の友です。

Commented by zukkeenee321 at 2012-09-15 21:31
コックリさんって聞くだけで恐ろしくて、だめです。だめだめ。
高校時代に壮絶人生だったんですね…。
そんな年に学校に行く意味なんて、考えてもみなかった。
毎日、晩ご飯のことばっかり考えていました。
でも、学生の時の自分が、今の自分の土台になっています。
by zukkeenee321 | 2012-09-12 22:06 | イラストレーション | Comments(4)